愛媛県学校給食会

取扱食品の放射性物質試験inspect

食品中の放射性セシウムのスクリーニング検査について

東日本大震災以降、食品中に含まれる放射性物質に対する関心が高まる中、厚生労働省は、食品の安全と安心を確保するために、平成24年4月1日から新たな基準値を設定し施行しました。
食品からの被ばく線量の上限を年間5ミリシーベルトから1ミリシーベルトに引き下げて計算された新基準は、一般食品は100Bq/kg以下、牛乳・乳児用食品は50Bq/kg以下、飲料水は10Bq/kg以下となっています。
この度、より安心して本会の物資を使用していただくために、一般食品中の放射性セシウムのスクリーニング検査ができるフードスクリーニングシステムFSS-101」を導入しました。
なお、本会に食品を持参していただければ依頼検査を無料で行いますので、御希望があれば、本会にお問い合わせください。

公益財団法人愛媛県学校給食会 
食品中の放射性セシウムの
スクリーニング手順書

使用機器と検査方法

使用機器

フードスクリーニングシステムFSS-101(日立アロカメディカル株式会社製)

検査方法

食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について(平成24年3月1日付け厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課事務連絡)に準拠。

特徴

  • 食品中の放射能を放射性セシウム(セシウム134とセシウム137を合算)として判定します。
  • 信頼性管理測定機能により、食品中の放射性セシウムスクリーニング法に準じた信頼性管理を行うことが可能です。
  • 試料容器は、従来機と比較して約1/3の量の310mlで測定が可能なため、試料を詰める時間も廃棄する量も少なくすることが可能です。
  • 測定下限値は、次の条件下で25Bq/kg以下となります。

測定条件

  1. 試料質量
    310g(比重1.0、容器容量310mlに隙間無く充填にて)
  2. 測定時間
    15分
  3. バックグラウンド
    測定時間
    20分
  4. 測定環境
    0.1μSv/h(セシウム137相当)未満において

食品中の放射性セシウムのスクリーニング検査結果

  1. 使用機器
    フードスクリーニングシステムFSS‐101(日立アロカメディカル株式会社製)
  2. 検査方法
    食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について(平成24年3月1日付け厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課事務連絡)に準拠。
  3. 検査結果の記載法
    ① 検査結果がスクリーニングレベル(50Bq/kg)以下であるときは判定値以下と記載します。
    ② 検査結果がスクリーニングレベルを超え、放射性セシウムが基準値(100Bq/kg)よりも確実に低いと判断できないときは、ゲルマニウム半導体を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる試験法を用いて検査結果を確定します。

ゲルマニウム半導体を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる試験法を用いた検査について

目的等

平成26年7月より本会が導入したフードスクリーニングシステムFSS-101(日立アロカメディカル株式会社製)で行った検査結果がスクリーニングレベルを超え、放射性セシウムが基準値(100Bq/kg)よりも確実に低いと判断できないときは、公的検査機関へ委託して、ゲルマニウム半導体を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる試験法を用いて検査結果を確定します。

検査方法

  1. 1.検査委託先
    愛媛県立衛生環境研究所
  2. 2.検査方法
    ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線核種分析
  3. 3.検査項目
    セシウム‐134、セシウム‐137及びヨウ素‐131
  4. 4.検出限界値
    5.0Bq/kg

厚生労働省の定める食品中の放射性物質の基準値(単位:Bq/kg)

平成24年4月1日から適用

食品群 一般食品 乳幼児食品 牛乳 飲料水
基準値 100 50 50 10

食品中の放射性物質の
新しい基準に関する厚生労働省による
対策と現状について(概要)はこちら

Pickup contents

寄附金の募集

本会の公益目的事業を応援してくださる皆様の御厚志を広く頂戴するため、寄附金の募集を行っています。

季節の行事食

  • 令和3年秋の季節商品のご案内

  • 取扱食品の放射性物質試験
  • 取扱食品の品質検査
  • ぷ~さんの秘密の部屋
pagetop